♡ジェルネイルは爪は傷まない

ジェルネイルをしてると

爪、傷むんでしょう?とよく言われますが

実際はそんなことはないんです。

 

むしろジェルネイルをする前には必ず

ネイルケアをするため

元気な爪が伸びるようになりますし

長く伸ばすことができるため

美しい爪になっていくのですが・・・

 

なぜジェルネイルは

爪が傷むと思われているのかというと

おそらく原因は

つけていたジェルネイルがはがれた時に

爪の表面が一緒に剥がれてしまった事で

爪が白くなり、毛羽立ったようになってしまい

爪が薄くなってしまったということが考えられます。

 

ほかには

ジェルネイルの定着をよくするために

爪の表面を削ってジェルネイルをするのですが

セルフでジェルネイルをされている場合に

必要以上に自爪を削りすぎてしまったり

剥がれてきたネイルを

自分でどんどん剥がしてしまったり…

そういうことを続けていると

どんどん爪が薄くなるという現象がおきてきます。

 

それからジェルネイルをオフする際に

アセトンに浸したコットンで覆い

ジェルをふやかしてオフする場合が多いですが

アセトンが爪を薄く弱くするとも言われています。

皮膚が弱い方は指が荒れてしまう方も…💦

 

 

Hello!ネイルサロンでは

自爪の表面をほとんど削らなくても良い

ジェルを使用しているため

爪にとても優しく爪を傷めることなく

安心してジェルネイルを

していただくことができます。

 

 定着を良くするために

初めての方や久しぶりの方は少しは削りますが

削りすぎずジェルネイルができるので

どんどん爪が薄くなっていくことはないです。

 

 それから当店のオフは

アセトンを使わないでマシンを使用しますので

皮膚や爪はアセトンで荒れることはなく

ジェルネイルの部分だけをマシンで削り落とす

という形で爪の健康を守ります✨

 

爪の健康をを守りつつ楽しく

ジェルネイルができるといいですよね ❤️